ブログ

夏期講習スタート!!

いよいよアルファの夏期講習がスタートしました。通常授業の集団クラスは第3回目の定期テストに向けて、夏期講座は全て9月の実力テストで結果を出すための内容に設定してあります。前年度の実績からみても、

 

【3年実力テスト】

英語・数学・国語 ⇒平均10~15点アップ

社会・理科    ⇒平均20~30点アップ

 

これがアベレージです。特に理科・社会は40点以上アップした生徒も数多く出ました。これには実はある「秘訣」があります。

 

まず秘訣その①。

 

単純に「膨大な授業量を行ったこと」です。社会であれば歴史、公民分野でレクチャー。地理は暗記シートを使った演習で復習を完全に終了。理科では第1分野(物理・化学)を徹底的にレクチャーし、第2分野(生物・地学)は暗記シートを使ってカバー。これにより個別指導塾ではなかなか不可能な時間数を安価で実現したこと。

 

秘訣その②。

 

次に毎週学校の定期テスト並みに負荷をかけて復習テスト(順位や点数を公開)を行ったこと。多くの生徒は死にもの狂いで取り組んでくれました。中学生において中間層以下ではなかなか自分自身でモチベーションを構築できる子は少数派です。それを塾側の「声掛け」や「面談」だけでモチベーションアップを図っても一時的な効果を生むだけで終わることがほとんどです。やはり即効性があり、かつ健全なモチベーションアップには「まわりの友達と徹底的に競争させること」が最も簡単です。もちろん環境への慣れ、適応はある程度必要ですが。

 

こうして考えると「魔法のような成績アップの方法はない!」というふうに結論付けることができます。なんだかんだ言ったところで「成績があがらない塾」は「肩こりの治らないマッサージ屋さん」と同じで存在意義がありません。まずは9月の実力テスト、宿題テストまで地べたを這いつくばって生徒と共に汗をかき、どんなことがあっても結果に結び付けるという気概をもって取り組みたいと思います。


定期テスト結果

1回目の定期テストが終了しました。(2年生から在籍していた公立中の生徒たちの)結果は、

 

長栄中(3年)※5教科

 男子5点アップ・・・460点

 男子129点アップ・・・312点

 男子76点アップ・・・314点

 女子137点アップ・・・292点

 女子72点アップ・・・240点

 女子47点アップ・・・233点

 女子39点アップ・・・318点

 女子31点アップ・・・253点

 女子9点アップ・・・238点

 

上小阪中(3年)※5教科

 男子82点アップ・・・385点

 男子76点アップ・・・375点

 

小阪中(3年)※5教科

 女子87点アップ・・・365点

 

俊徳中(3年)※5教科

 男子68点アップ・・・439点

 

長栄中(2年)※5教科

 男子52点アップ・・・398点

 男子57点アップ・・・395点

 

新喜多中(2年)※5教科

 男子35点アップ・・・419点

 男子141点アップ・・・230点

 女子76点アップ・・・203点

 

上小阪中(2年)

 女子8点ダウン・・・250点

 

以上です。予想よりも苦戦した試験でした。また、非常に悔しい結果であり、そしてもっと良い成績が出せたはずの生徒達については申し訳ないと感じています。毎日毎日非常にしんどい思いをしてもらっての結果ですから。

 

次の試験ではもっと大きな花を咲かせたいと思います。まずは16日(月)の定期テスト模試(各学校予想問題)で皆さん結果を出していきましょう!!そして22日(日)からは毎日のテスト対策(※17時半~無料)をしっかり頑張り抜きましょう!!

 

(※結果の真偽について気になる方は点数、順位、氏名、学校名全て教室内に貼り出していますのでアルファに通うお知り合いの方に確認してもらっりして下さい。全て実際の点数です)

 

 

【昨日の居残り】

 宿題忘れ         1名

 チェックテスト不合格   4名

 

20140607


定期テスト模試(学校別予想問題)

おなじみになりました定期テスト1ヶ月前の模試を4月28日に実施しました。また、範囲は各学校の進度に合わせて指定し、国語以外の4教科で実施しました。全学年無料の春期講習で英語と数学は予習を進めたのでこの時点で試験範囲ほぼ指導を終えている状態での試験となりました。今回も得点と順位は掲示板に貼り出し、ご家庭にはメールと書面で通知しましたが今回が初めての生徒も多くたくさんの反響を頂きました。

 

「このままだとやばい」とか「今回はかなり良いペースや」など色々な生徒の声も聞けましたが今回解けなかった問題を残り1ヶ月かけてクリアにしていくことが目標だということは非常にわかりやすく伝わっている気がします。5教科全てをバックアップするには英数を先行させ、暗記科目を後半にペースアップさせる方法が最も効果が出ていると同時に限られた時間を有効活用する一番の方法だと思います。

 

落第を意味する赤字での表示がされている生徒は個別に面談をしましたが、かなり深刻な様子でした。でもこうした危機感を持たせることこそが「競争」に勝つ絶対に必要な要素ではないでしょうか。口でいくら「やりなさい」と言っても大きな効果は得られません。周囲との差を実感させ競争心を煽る方が何倍も早く、そして効果が得られます。生徒は「お客様」ではありません。ですから共通の目標達成のために必要な事はたとえどんなにしんどい事でも要求します。まずはあらゆる手段を使って「成績・学力を上げる!」。それが達成できた後に「自発的な学習」や「勉強の楽しさ」を教えていきたい、それしかありませんね。

 

【昨日の居残り者数】

  チェックテスト不合格者   6名(多い!何をやっている!!)

  宿題忘れ          4名(うち1名は2回連続のため面談 )

201405021※名前はPC上で消してあります。(実際はそのまま貼り出し)


(早過ぎますが…)定期テスト対策スタート!!

無料の春期講習(復習がメイン)が終わり、本格的に定期テスト対策へ移行しました。この春入塾した中学3年生は多数いますが中には5教科合計で150~200点くらいの生徒もいます。しかしこのままいけば5月の定期テストでは中3全員300点を大きく超えそうです。

まずは4月28日の第1回定期テスト模試(去年の試験範囲から予想される出題範囲における試験)の結果をみて「誰が順調で誰が遅れているか」を本人に自覚させてみて5月に追い込みをかけていく予定です。問題は400点越えが何人出てくるか、というところです。

アルファに入る前に勉強してこなかった生徒の特長として、「試験は1週間前から勉強する」という間違った認識を持っている子が多い印象を受けます。定期テストは範囲が決まっているのである程度点数が取れて普通です。つまりしっかりと準備ができた人が良い点数で、準備不足だった人が低い点数になるだけのことなのです。

4月28日の定期テスト予想問題において10位以下の生徒、あるいは300点を下回った生徒には大いに反省を促しますが、同時に塾としても大いに反省しなければいけないと思います。さぁ、今年も勝負が始まります。全員の点数がどれくらい伸びるか楽しみで仕方がありません。

 

【先週金曜日の居残り】

 宿題忘れ          1名

 チェックテスト不合格    5名

20140415


第3回定期テスト終了

上小阪中の試験が終わりこれで西大和学園、大阪桐蔭等の私立中を含む中学生の定期テストが終了しました。

結果はまずまずでしたが、微増(50点程度のアップ)でまだまだ伸ばし切れていない生徒、そして5教科で100~120点アップで満足してしまっている生徒がいます。

やはり成績が上がったあとは目標そのものがそれ以上に上がらないといけません。それこそがアジテーターである教室長の役割です。

毎回言っていますが「厳しく」「要求を常に高く」することで成績は上がります。問題は成績が上がったあとなんですね。どんな学校でも1年生よりも2年生の方が学年平均は低いです。そして2年生よりも3年生の方がさらに低いのが普通です。これは学習内容が難化していくことによります。つまり同じ労力では成績は下がっていきます。だからこそ努力できる下地、「授業で習ったことを吸収する力」「家庭学習で習ったことを定着させる力」を出来るだけ早い段階で身に着けなければいけません。

それをやる手っ取り早い方法は何か。それは「強制力」「競争する環境」を与えることです。しかし「強制力」については出来るだけ短期間にしなければなりません。ではそれはいつまでか。ズバリ「学習習慣が身に着くまで」です。強制力をいつまでも行使すると「自発的に勉強する」ということが出来なくなる可能性があるからです。ある程度成績が上がったところで「自家発電」してもらうようにしないと大学受験では戦えなくなってしまうんです。

アルファでは「全員が宿題を当たり前にやってくる環境」「個別で習ったことを集団クラスで競争する環境」になっています。勉強でお困りの方は是非一度お越しください。入会しなくてもお役に立てる情報をご提供致します。

 

【昨日の居残り】

  宿題忘れによる居残り        0名

  チェックテスト不合格による居残り  11名

IMG_3623


個別指導の弱点と限界

個別指導は「短期間で学力をつける最も優れたツール」ですが「オールマイティ」ではなく、大手塾が言うような「万能薬」では決してありません。

個別指導(家庭教師を含む)にも大きな弱点があります。

それはズバリ「生徒がのんびり、マイペースで勉強する」ことです。試験というタイムリミットがあるのに生徒のペースで勉強させるとほぼ100%の確率でやるべきことを終えることが出来ません。つまり、

「生徒(のペース)に合わせた指導」=「即成績アップにはつながらない」

ということが言えます。特に家庭教師の場合、指導する先生がペースメイクせずに、生徒が「わからない」という箇所を場当たり的に指導すると悪い意味で生徒に楽をさせてしまい、

  • 「学校で授業を聞かなくても家庭教師の先生に聞けば良い」
  • 「先週教えてもらった内容を放置してそのまま忘れても家庭教師の先生はまた同じところを教えてくれる」

といった悪循環を生む結果となります。

家庭教師ではたまたま優秀で情熱を傾けてくれる先生にあたらない限りこの問題を解消するのが難しく、一方の個別指導塾では特定の生徒、所謂「手のかかる生徒」にしか案外目が届かないもので「標準的な成績をとる中間層」にはよほど熱心な教室長でなければあえて厳しくやらないでしょう。

そこで解決策があります。それは生徒たちに「競争」させることです。ではどんな環境であれば生徒たちを競争させることが出来るか・・・。簡単です。それは「集団指導」でのみ可能です。例えば、

  • 宿題をやってきた生徒とやってこなかった生徒をはっきりさせる
  • 宿題の解答や演習問題の解答を生徒に発表させる
  • チェックテストの点数を毎回発表する

友達の解答を聞いて「焦る」「(問題を解けず)恥ずかしいと思う」「(点数が低くて)悔しい気持ちになる」等、学年や年齢に応じた競争意識を持たせることがやはり学力向上には欠かせません(一部の生徒を除く)。

※個別指導塾Alphaでは個別を受講すれば集団クラスは無料です。

 

【本日の居残り】

 宿題忘れによる居残り 0名

 チェックテスト不合格による居残り 3名

IMG_3617


居残り者数が減少気味…!?

夏休み明けに入塾してきた生徒たちもようなく慣れてきたこの頃。

  1. 宿題忘れ・未消化部分あり
  2. 授業前チェックテスト(前回授業内容)不合格
  3. 酒豪後チェックテスト(当日授業内容)不合格

これらによる居残りが減り始めてきました。そして今週はなんと1名のみ。つまり1名を除いて宿題(10ページ)、チェックテストの予習を完璧にこなしているという状況です。普段から大きな声で生徒たちを叱咤激励している立場としては喜ばしいかぎりです。

そして上小阪中が第3回定期テストまで2週間。そろそろ定期テスト模試(予想問題)を作成する時期に入りますが、常々生徒達には試験1週間前の時点で模試の点数が5教科合計最低300点以上を要求しています。下回った場合は翌日17時半から再テストになりますが今回こそは再テスト受験者が出ないよう毎日大声を出していきたいと思います。

 

【昨日の居残り】

  • 宿題忘れ 0名
  • チェックテスト不合格 0名

a3


『定期テスト対策授業』って一体何!?(怒)

9月24日から始まった定期テスト対策がいったん今日で終了となります。正直休みなしでスタッフも生徒達もよく頑張ったと思います。トータルするととてつもない時間を勉強にあてた計算になります。。。

そして最近大手塾を辞めてアルファに入塾された保護者の方がおっしゃっていましたが大手塾では試験前になると「試験対策授業に申し込んで下さい(有料)」という案内がしきりに来るので辟易していたそうです。

これはあくまで個人的な意見ですが・・・「試験対策授業」って何!?

 

じゃあ、普段の授業では「試験対策授業」してないの?

入会時に「この月謝分の授業では不十分なので別途『試験対策授業』を申し込んで頂く必要があります。」ってちゃんと説明してるの?

 

ということになりかねません。アルファでは試験対策授業は1週間前までに終わっています。 (もちろん例外もありますが)

そして試験前は毎日17時半から試験範囲の予想問題(学校別)を「よーいドン!」で解いて60%以上(人によっては80%以上が合格)の点数がとれるまで勉強させる。もちろん5教科全てです。

これであとは間違えた問題(残り40%程度)を試験開始までに覚え直せば試験勉強の完了です。

 

【本日10月3日(木)の居残り】

 宿題忘れ         1名

 チェックテスト不合格   3名

042209


フォローアップ授業(居残り授業)の本当の目的

突然ですがブログを引っ越しました。

そして今日からまた気持ち新たに『東大阪No.1のスパルタ塾』個別指導塾アルファの情報を皆様へ発信していきたいと思います。

今日のテーマはタイトル通り「フォローアップ授業(居残り授業)の本当の目的」について書きたいと思います。

アルファでは、

  1. 宿題忘れ(10ページ程度)
  2. 宿題のうち4割以上間違えている
  3. 授業前チェックテスト(前回の授業内容)不合格
  4. 授業後チェックテスト(当日の授業内容)不合格

は居残りで消化してから帰ってもらいます。何故か!?

もちろん懲罰的意味合いもあるにはあります。ですが皆が帰っている中で残される、場合によっては23時まで居残りさせられることで「早く帰りたい」と思わせることができます。入会してくる生徒のほぼ全員が「早く帰りたい」から上記の4つをクリアするために「しっかりとした準備」をしてくるようになります。そしてその「しっかりとした準備」こそが「しっかりとした家庭学習」なのです。所詮塾に来ているのは週に数回です。アルファではスタンダードな生徒で週5回授業があります。その時間以外家で何もしなければ学力は短期間では上がりません。

今日も授業前チェックテスト(前回の授業内容)に合格するために早めに来て復習をしています(写真)。これこそがあるべき姿であり、「塾に通うだけで勉強した気分になる」ということは決してあってはなりません。

今日も居残りする生徒を23時まで叱咤激励します。では。

 

 【昨日9月24日の居残り】

  宿題忘れ         2名

  チェックテスト不合格   4名

2


スマホサイトを開設しました。

スマホサイトを開設しました。