ブログ

「暗記が苦手」を克服する方法

入会時の面談で「暗記が出来ない」という声をお聞きすることが多々あります。

 

ただ、実際入塾してから暗記科目が伸びない生徒はほとんどいません。(社会を受講していない生徒を除く)

 

個人的に塾を運営していて本当に「暗記が出来ない」生徒はまずいません。ではタイプ別に見ていきましょう。

 

【暗記が出来ない(と思い込んでいる)生徒のタイプ分け】

 ①「暗記する」という「作業時間」が不足している…40~50%

 ②「暗記方法」が間違っている…5~10%

 ③「インプット(覚える)」しかしていない…40~55%

 ④  能力的な要因で暗記が出来ない…0.00~0.01%(もしかしたらいるかも知れないので0.01%)

 

 

まず、①は理系タイプに多いタイプです。「考える勉強は嫌いではない」が「単純暗記が面倒」というタイプです。解決方法は「缶詰状態にして覚えるまでさせる」ことです。

 

そして②のタイプは具体的に言うと例えば「student」を「s」を書いてまた次のアルファベットを見て「t」を書き、次のアルファベットを見て「u」を書いて、、、というタイプです。例えば感じで考えて下さい。「秋」という漢字を覚えるのに「ノ」と書いて、「秋」を見て「一」と書いて、また「秋」を見て「|」を書いて、、、これではどれだけ書いても絶対に覚えられません。少なくとも書いて覚える際に「student」という綴りを一旦頭に入れ、何も見ずに書ききる。間違えていれば書き直せば良いのです。頭に「インプット」し紙に書くことで「アウトプット」する、この繰り返しが最初のうちは正解です。

 

ただ、私たちが例えば「鰯(いわし)」という漢字を覚えるとき、「魚」に「弱」だなと覚えるはずです。先ほどの「秋」なら「禾(のぎへん)」に「火」だな、と。実は英単語も少しずつこれと似てきます。例えば「bought」で「買う(buy)の過去形」と覚えるのですが、「thought→思う(think)の過去形」、「taught→教える(teach)の過去形」と覚えていくうちに「〇〇ウト」という発音が「~ught」という法則性を掴んでいきます。よってだんだんと単語ごとに「~aught」だったかな、「~ought」だったかな、と選択肢が限られた中での暗記に変わっていくのです。「station」の「~tion」もそうです。最初は誤って「~shon」や「~cion」と書くかもしれません。でも「infomation(情報)」「tradition(伝統)」など「〇〇ション」という音は「~tion」と覚えるはずです。「魚」に「弱」のように、「sta(ステイ)」に「tion(ション)」と組み合わせで覚えるようになります。ある程度の単語量が身についてからの話ではありますが。

 

そしてもしかすると一番多いのが③です。このタイプは

 

 ・教科書やノートを一定時間眺める

 ・ノートに覚えるワードを写しまくる

 ・ノートをまとめ直す

 

という行動に出ることが多いです。「ノートをまとめ直す」というのは試験2~3週間前で「どうしてもこの江戸三大改革が覚えられない」「どうしてもロシア革命から原敬内閣誕生までの流れが覚えられない」というピンポイントの「ノートのまとめ直し」は全然問題ありませんただ一方で試験1~2日前にやることではありません。やるべきは「アウトプット=問題を解く」ことです。

 

 (1) 問題を解く

 (2) 間違えた問題だけを覚えなおす

 (3) 正解になった問題は試験1~2日前なら「無視する」

 (4) 間違えた問題を解きなおす

 

(2)の「間違えた問題」こそが試験までに覚えな直さなければならないワードのはずです。③のインプットだけをやって暗記が完了した、暗記科目の勉強をしたと勘違いするタイプは、

 

 「試験本番でちゃんと覚えていたワード覚えきれていないワード認識する」

 

ということになります。「アウトプット=問題を解く」を事前にやって「覚えているワード」と「まだ覚えきれていないワード」の仕分けをしてから「まだ覚えきれていないワード」だけを最後の最後まで覚え切ろうとする子には絶対に勝てません。極めて単純なことですが陥りがちなミステイクです。

 

最後の④ですが、物事には例外があるものだとは思います。ただこの塾をやり始めてから「能力的に覚えることが出来ない」生徒には出会ったことがありません。もちろんその子なりの完璧な仕上がりでも70点台の子もいれば100点をとる子もいます。それは得手不得手の範疇ではないかと思います。70点台の子ももっと早く準備を始めれば90点に届くかも知れません。しかし5教科ある中でどちらかと言えば得意ではない暗記科目に限られた時間を割いて得意科目に影響が出ないとも限りません。要は苦手であっても「平均点プラス10点」に収めることが大切です。

 

暗記科目は「覚えるんだ!」という「心掛け」も時間効率からも大切です。しかし「覚えるまでは帰さん!!」という指導する側のある種の覚悟(言い方は「覚えるまでとことん一緒にやろう!」ですが、、、)を見せることで「あぁ、やらんと終わらんな、、」と諦めて腹をくくってくれるものです。来週より「monoxer」というアプリを導入し、毎日暗記の作業を自宅でやってもらうことになります。(やってないとリアルタイムで塾が把握しているのでアプリ上で「今すぐやれ」と伝えることができる。また正答率が低いと何度もランダムに問題が作り替えられ、100%の正答率までさせることができる)

 

試験まであと1ヶ月。オンライン授業の成果を出す時が来ました。全員が笑顔で点数を教えてくれる状態に必ずやしたいと思います。


苦悩・・・

オンライン授業が始まってから早いもので5週間が経過しました。ご家庭の協力なしではやれなかったと本当に感謝しかありません。例えば塾から週末に、

 

 宿題ウィニングP.〇〇~〇〇(御家庭でチェックお願いします)

  ⇒もし次の授業までにやっていなければ塾にご連絡下さい

 

 小テスト実戦問題集P.〇〇(目の前で何も見ずに解かせて下さい)

  ⇒出来が悪ければ答案の画像を塾に送ってください

 

といった感じで各家庭に協力を頂き、どの教科についても学校が無い分時間も豊富にあり、全生徒に相当な量をさせることに成功しました。

 

クラスによっても出す課題も違い、事務作業も途方もない分量になってはしまいましたが、本当にやって良かったです。例年の同学年の同時期に比べて間違いなく仕上がりは良い状態にもってくることが出来ました。

 

ただ、、、、、

 

これから入塾してくる生徒との差が、、、、、

 

この差はそう簡単に埋まるものではない気がします。プリントを配布することがオンライン授業では難しく、塾に2週間に1回プリントを綴じた冊子を取りにきてもらっても足りないような量を要求したため、多くの生徒からは

 

「ウィニング地理と理科の答えもう覚えてしまってるわ。アハハ」

「ウィンパス英語の答え何回もやり過ぎて答えの文章を覚えてしまってる感じがする」

 

という声が聞かれます。これは普段試験1週間前の試験2~3日前に生徒が発する言葉です(汗)これだけ聞くと嬉しいことであり、「災い転じて福となす」なのですが今から入ってくる生徒との差が、、、、、

 

とても授業運営をまともに出来るとは思えません。「今いる生徒を退屈させない」、「今から入ってくる生徒をしっかり伸ばす」これらを両立することは

 

たぶん無理です。。

 

今から入ってくる生徒と今いる生徒の中で要求したことが満足に身についていない生徒は別クラスにする必要があると思います。いわゆる普通の進度(学校の進度)で進めるクラスです。こうすれば問題なくやれると思うのですが、自分自身新たにクラスを持つ時間が1週間の中で1コマしか余裕がないので

 

分散登校、部活がない間は昼間(10:30~)や夕方(15:00~)、夜の時間(19:00~)を使ってクラスを細かく分けてやろうと思います。

 

おそらくオンライン授業は残して少人数での受講からスタートします。今から入塾を考えている方は頑張れば今通っている生徒たちと1回目の試験後には合流できる可能性はあります。是非頑張って下さい!!

 

 

今日はおまけで理科のオリジナル教材のサンプルを。電子黒板と生徒のテキストが連動しています。この図が生徒のテキストでもあり、ホワイトボードにそのまま描画されます。講師は電子黒板上に、生徒はテキストにそれぞれ書き込みを行います。図を書き写すのに全精力を注ぐ生徒がどうしてもいる

 

「理解する」ときは「書く量を減らす」

「覚える」ときは「問題数を数多く解かせる」

 

これが塾運営において最終的に行きついた結論です。まぁ、最善策かどうかは生徒の点数次第ですが、、

 

あと、当塾のオリジナル教材は「誰が見ても理解できる!」がテーマ①です。

そして「入試問題も中1からできるようにする!」がテーマ②です。

 

ご興味がおありの方はお気軽に教室までお問合せ下さい。ご住所や連絡先をお聞きしたりといった営業は一切行っておりませんので☆彡

 

 


毎日朝からオンライン授業!!宿題は週に20~30ページ!!課題のチェックをご家庭でお願いします!!

オンライン授業が始まりました。予想以上に大変ではあります。

 

「朝から学校の代わりをやります!」と言うのは簡単でしたが、毎日朝から夜11時くらいまで労力は本当に途方もないものがあります(汗)

 

とにかく、生徒にとって「朝から”やること”が次々与えられる状態」「課題はご家庭でチェックをお願いします」というふうにやって頂いています。毎週LINEで

 

英語はP.〇〇~〇〇

数学はP.〇〇~〇〇

理科はP.〇〇~〇〇

社会はP.〇〇~〇〇

 

を宿題で出しています。という形で送らせてもらい、チェックが済んだら連絡を頂いています。中にはご丁寧に写真付きで送ってくださるご家庭もあります。考えてみるとおそらく1週間で宿題は20~30ページにはなるのではないでしょうか。

 

 

これが来週の時間割です。講師一致団結して頑張りたいと思います。少なくとも例年の同時期の同じ学年の子たちよりも勉強が仕上がった状態学校の再開を迎えさせたいと思います。


4月は平日昼間から開校します!!25人部屋で6名ずつ授業(月謝以外は不要です)

学校が始まるのがもし5月にずれ込むようであれば当塾は平日昼間を開校します。アルファが学校の代わりをさせて頂きます。もちろん月謝を普段頂いているため追加料金は不要です。

 

ただし、

 

25人部屋4名から6名を席を思い切り離して着席

② 生徒の入れ替え時に机をアルコール消毒

③ マスクの着用

 

を徹底します。このように新型コロナウイルス対策は万全を期して行います。また、授業は中学生が主体ですが、高校生も昼間から次週ブースに続々来ています

 

勉強の遅れを心配するのではなく、学校再開の延期は逆にライバルを引き離すチャンスです!

 

ただ、祖父母と同居しているご家庭については個別対応も考えています。7階(同じく25名用の教室)で講師1名、生徒2名で実施も行っています。さんざん迷いましたが、ご家庭にとって迷惑でないかどうかを確認するため連絡を入れていきましたが、今のところ100%の確率で歓迎されている状況です。確かに学校が無いと塾で1教科あたり週に80分~160分しか授業を受けないことになります。これはやはり入試で結果を出さなければいけない我々の立場からすると心配です。多少複雑な心境ではありますが、コロナ対策をしっかりやって「塾が出来ること」を「無理のない範囲」で一生懸命やりたいと考えています。

 

ご興味のある方は教室へお気軽にお問合せ下さい。


中1・中2学年末テスト対策一般開放!(全て無料)

いよいよ学年末テストの時期がやってきました。中3は7階の第2教室で終日公立の予想テストと解説をやり、中1・中2は8階の第1教室で、

 

2月22日(土) 10:30~21:50(11時間20分)

2月23日(日) 10:30~20:00(9時間30分)

2月24日(月祝) 13:00~18:20(5時間20分)※夜は通常授業

※休憩時間もあります↑↑

 

の予定で学年末テスト対策を行います。いつも通り全て無料となりますが、今回は友達を連れてきてもらってOKということで一般開放となります。中2は

 

英語…比較・受動態

数学…平行四辺形・確率

理科…電流・熱量・電力量・磁界・天気

国語・社会…各学校の範囲全般

 

をやります。特に電流や熱量、電力量、磁界、天気は在塾生で出来ない生徒はほとんどいませんので外部生向けの授業になります。また、中1も同様に各学校のテスト範囲のみをやる予定です。お電話頂ければ誰でも参加が可能です。ただし、学校とお名前以外は一切伺いません。連絡先やご住所は一切お聞きしませんので安心してご参加下さい。この機会に「動くホワイトボード」を体感して頂けると嬉しく思います。

 

今回成績に関しては問いません。ただ、現状の学力については授業のレベル等もありますので詳しく伺うことになるかと思います。この機会を利用してプラス50~100点目指して欲しいと思います。


中2週1日(2コマ)追加をお願い※料金はもちろん不要ですので

この時期中3の対応に追われてしまい、中1・中2のテスト対策の時間が多少減ってしまう事態を解消するために、この度、中2の生徒たちに「週1日(2コマ)の時間を塾に下さい」とお願いして回りました。2月22日(土)、23日(日)、24日(月祝)は朝から、もしくは昼からやるとして、学年末に向けて万全を期して木曜の19:00~20:20(数学)、20:30~21:50(国語)を追加することになります。(実際の配布したものが下)

 

 

レギュラーの授業は週6コマとするとかなりの量にはなりますが、これは仕方ありません、頑張ってもらいます。塾をやり始めて9年になりますが、今のところ勉強させ過ぎて倒れた生徒はいませんので(笑)

 

それよりも月謝を頂いている分、塾として結果を残さないといけません。点数に関しては「取り過ぎ」ということはないので高校入試で出来る限り「可能性」を残すために今回もやり切りたいと思います。

 

ちなみに追加授業分については料金を頂いておりません。

 

毎回、成績が上がれば生徒が集まるのでこのテスト対策のコストは「広告費」みたいなものと考えていますし、成績が一度上がってしまえばその生徒は「自家発電」で頑張るようになり、伸ばすのが一層楽になります。つまりは良いことづくめです。いずれにしても成績が上がらなければ全て意味がないということです。

 

中2の皆さん、学校⇒部活⇒塾とハードな日常生活を送っている中本当に恐縮ですが、木曜の19時~21時50分を塾に下さい。どうぞよろしくお願いします。

 

今回もこんな感じで挑みたい、そう考えています。


授業は「ひとつのストーリー」親子で授業体験スタート‼︎

私立の入試が終わり、大学受験も前期の日程が終了しました。バタバタしている中、新たにチャレンジをしようと決めました。というのも最近面談室で電子黒板で使う立体の図をタブレットで紹介していると保護者の方に「めちゃめちゃわかりやすい!」と言う声を頂くことが多いです。そこで少しいい気分になって授業のさわりだけ説明したりしてしまうことがあります。。(すみません)

 

それならいっそのこと「親子体験授業」というのをやってみようと思いました。もちろん、授業の内容にご興味がない保護者の方が多いのは承知しています。ほんの一部の方向けなのかもしれません。それでも「他の塾と全然違う!」という声をまた聞けるのであればやってみようと思います。

 

当塾はお越し頂いても「ご連絡先」や「ご住所」は一切伺いません。お聞きするのは話しづらくなるという理由で「学校名」と「勉強の状況(成績も)」のみです。来たからといって「入塾しないといけない」というふうに思わないで頂きたいと思います。

 

面談室では英語や日常生活と密着している教科である理科を教えることが多いのですがご希望があれば伺います。親子で受けて楽しい授業になるよう努めます。

お問合せお待ちしております。


「英語が苦手」という方へ

英語の苦手な方向けに毎週土曜日に「英語基礎講座」を無料で実施しています。早いものでこの講座を始めてからはや5年が経過しました。

この講座を終了する目安としては「英語の語順で迷わない」ということです。

 

「英語の基礎的な勉強を夏期講習まで、冬期講習までそのままにしておいて講習のときに一気にやる」

 

それもアリかとは思います。ただ当塾では「普段から英語の基礎的な分野を土曜日にやりながら今学校で習っている分野をやる」ということを貫いています。理由は2つ。

 

①基礎的な勉強は今習っている単元と分けてやらないとすぐに出来るようにならないから

②当塾では中3以外は講習をやっていないから

 

です。①については例えば3単現の「s」が抜ける子がいたとします。中2であれば一般動詞の現在形の文が出てくる確率は3分の1くらいです。しかも主語が単数形のときしか「s」はつきません。その「たまに」出てくる3単現の「s」をミスしたときに指摘したとしても次出てくるまで間が空くため、なかなか修正できません。はやり現在形の文だけを練習するのが手っ取り早いです。

 

 

早い生徒だと1~2回で「英語がわかる」と言います。生徒の層も最近は近くの公立中学はもちろん、関大一中や高槻中、四条畷中、近大附属中など様々な生徒が土曜日に参加しています。こちらとしては早く出来るようにして次々新しい生徒へというスタンスでやっているので、1ヶ月で「土曜日は来なくていいよ」と言われるようにしなさいと生徒たちにはやかましく言っています。スラスラ正確な英語が書けるようになるまで永遠に続くので「早い生徒で1ヶ月」、「遅い生徒でも3ヶ月」で正しい英語が書けるようになります。在塾の生徒は土曜日は無料ですので是非ご参加下さい。お試しというのもやっていますのでお問合せ下さい。


「暗記が苦手」という方へ

「暗記が苦手」という声を聞くことがあります。そのケースにおいて99%当てはまるのが「インプット」のみで終わっている、もしくは「アウトプットの少なさ」です。具体的に言うと、

 

 

このように「間違えた問題」、「解答欄が空欄になった問題」を再度覚えなおす時間を作っていないことが原因です。当塾でのやり方は

 

 

間違えた問題を覚え直して再度アプトプット、正解出来なかった問題だけを再度覚えなおしてアプトプット。ここでお気づきでしょうか?

 

問題演習の時間 ⇒覚えているワードが多いので考える時間が短くなる

採点の時間 ⇒正解が増えてくるので時間が短くなる

覚え直し ⇒「すでに覚えているものは無視」するので時間が短くなる

 

そうです。高得点を取る子は皆、「どれが覚えていてどれがまだ覚えていないか」を試験前に把握しているのです。私自身も試験前日になると「既に覚えているものを100回書いても1点の加点にもならん!」と言います。試験直前は「まだ覚えていないワード」を詰め込む時間に充てるのです。

 

おそらくこういったことを書くと「そんなの当たり前じゃないか。」と言われそうです。私もそう思います。しかしその指摘が正しいとすると暗記科目の点数が低いんですと言う生徒が他塾から毎年移ってくるという事実を説明できません。つまり、

 

その「当たり前」のことをちゃんとやっていない塾が多い

 

という事なんだと思います。土日に10時間の無料のテスト対策をやったりしていますが、十分な時間がまずあることが大切です。例えば小阪中のKさんは英語と社会が30点台以上取れたことがないという状態で転塾してきました。その後の定期テストで英語71点、社会80点でした。何も驚くことではありません。もしお知り合いが通われていたりしたら点数は貼り出していますので是非聞いてもらえたらと思います。


令和元年2学期末テスト結果

ようやく期末の結果が出そろいました。

 

まず、中3については全体的に高めでしたが450点以上が5名のみとやや上位は厳しい結果でした。また、中3についてですが理科は100点もそこそこ出ました270点を下回ったのは4名のみと全体の底上げには一定の成果があったように思います。

 

そして中2ですが、今回は一番多い層が410~380点300点以下は0名でした。試験の難易度は平均的だったことを考えるともう少しやれた気がしますね。中1は人数が少ないこともあり評価は避けたいと思います。

 

最後におまけです。今回のテスト対策の風景です。ホワイトボードが明るいので写真自体は暗く見えますがLED照明で教室はものすごく明るいです。理科に限らずテキストとホワイトボードが連動していまして、画面の画にそのまま書き込み式になっています。黒板を写す時間が省略できて短時間で理解短時間で数多くの問題を解かせることが可能です。

明るさがわかる写真は無いかと探すとこんなものがありました↓

雰囲気はこんな感じです。教室の雰囲気は気持ちよく勉強出来る空間にし、敢えて「スパルタ指導」とのギャップを作っています(笑)


12345...